こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. スポーツ健康科学部ホーム
  2. > 2016年度のニュース一覧(新着ニュース)
  3.  > カレル大学体育・スポーツ学部(チェコ共和国)との学術交流協定(包括協定)締結について

新着ニュース

カレル大学体育・スポーツ学部(チェコ共和国)との学術交流協定(包括協定)締結について

'16年11月30日 更新
 同志社大学スポーツ健康科学部は、チェコ共和国の首都プラハにあるカレル大学体育・スポーツ学部と学部間学術交流協定を締結しました。
 この学部は、生物医学、スポーツ、社会学の3つの領域から成り、本学部の健康科学、トレーニング科学、スポーツ・マネジメントの3領域と合致しています。したがって、各研究領域において学生や教員の学術交流を積極的に行うことが可能です。特に、学生の短期留学プログラムである「SPORTS HEALTH OUTDOORS(SHO)」では、チェコの豊かな自然を活用したアウトドアスポーツを実践的に学習でき、刺激的で実践的かつ理論的見地から、ヨーロッパのスポーツ文化やチェコの生活様式、言語などを学習・研究することができます。


◎カレル大学の紹介
(1) 所在地(国名、都市) チェコ共和国、プラハ
(2) 大学の概要(設置年、設置形態、歴史、特徴など)
1348年に神聖ローマ皇帝カール4世によって創立されたチェコの最高学府とされ、中欧において最も歴史を有する公立の大学である。ヨーロッパ内の権威のある総合大学で構成される大学連盟、コインブラ・グループに属する。現在、17学部、3つの研究機関、6つのセンターなどをもち、QS World University Rankings 2015では279位となっている。
(3) 組織の規模
学生数: 約51,000人
教職員数:約8,000人
.