国際交流・留学

国際交流・留学

neesima

新島襄

 同志社の教育理念の一つに「国際主義」が挙げられます。新島襄はアメリカでの勉学や視察を通して教育の重要性に目覚め、同志社を設立しました。そのような歴史を持つ同志社では世界に目を向けて学ぶ姿勢を重視し、単にコミュニケーションの道具としての外国語を学ぶだけでなく、世界の文化にふれ、お互いの違いを認め合う学びを実践しています。
 スポーツ健康科学研究科においても、国際化推進を加速させており、積極的に学生の国際交流・留学支援を行っています。

国際課オリジナルサイト

留学について

一口に留学といっても、様々なケースが想定されます。以下に代表的な留学に関するプログラムを紹介します。

在学留学プログラム

 同志社大学に在籍しながら海外の大学に留学するケースです。大学院では修了にあたり前期課程で2年、後期課程3年の在籍が義務付けられており、休学留学の場合は別途不足年数の在籍が必要です。しかし在学留学の場合は在籍期間に含まれ、さらに外国の大学で取得した単位をシラバス等で内容が一致すれば本学部で認定することも可能です。
 同志社大学での在学留学に関しては以下の2通りが想定されます。
留学について(国際課オリジナルサイト)

1)大学間協定での派遣留学

 同志社大学は現在130以上の大学と学生交換協定を締結しています。外国協定大学派遣留学生制度はこれらの協定校に半年間または1年間留学するプログラムで、本学では現在200名以上を海外の協定大学へ派遣することが可能です。派遣留学には所属学部・研究科にかかわらずほとんどの学生が出願することができ、派遣留学生は留学期間中も同志社大学に在学するため、留学期間が卒業に必要な修業年限に算入されます。選考では本学での学業成績、語学能力、学部・研究科の面接結果、出願書類などが総合して判断されます。留学先では現地の学生と同じように専門科目を履修することができるため、すでに十分な語学力のある方や短期・中期プログラムで語学力を伸ばした方の目標となるプログラムです。

<スケジュール>
(出願期間)
A日程:6月上旬~中旬 (留学期間が翌年2~3月に開始する大学/オセアニア・南米・韓国等)
B日程:10月上旬 (留学期間が翌年6~11月に開始する大学/欧米・アジア等)
※5月頃に派遣留学要項が配布されるので、当該冊子を確認のこと。

2)学部間協定での派遣留学

 現在スポーツ健康科学部ではオスナブルック大学教育文化学部スポーツ運動学科との学生交換協定を締結しています。本協定はオスナブルック大学に半年間または1年間留学するプログラムです。一定の条件を満たした学生に対し、書類審査、面接審査を行い、総合的に候補者を選定します。

留学に関する奨学金制度について

1)大学からの奨学金制度

留学に関する奨学金概要(国際課オリジナルページ)
大学院学生の外国派遣に対する奨学金(国際課オリジナルページ)

2)学部(スポーツ健康科学会)からの奨学金制度

 本学部生および大学院生が大学および学部間協定による派遣留学者となる場合に、10万円の奨励金を事前に支給(在学中に1回を限度とする)します。(サマープログラムなどの科目による海外修学は対象外です)
なお、奨励金受給者は、帰国後に海外の大学での生活および学修の様子などを在学生に発表する機会などに貢献していただきます。

英語に関する学習支援について

TOEFL-ITP(Institutional Testing Program)について
TOEFL Test対策講座について

TOEIC、TOEFL等の学部(スポーツ健康科学会)からの受験料補助制度について

スポーツ健康科学会では、スポーツ健康科学部生および研究科生の英語能力向上に貢献するため新制度として、TOEIC、TOEFL等(※1)の英語外部試験の受験料補助制度(2014年6月19日以降対象)を新設しました。
本学の京田辺キャンパス生協にて
・TOEIC-IP
・TOEFL-ITP
の試験を申し込んだ場合、受験料を窓口で支払わずに受験することが可能です(補助は在学中に1回とします)。TOEIC等のスコアは就職活動時にも使用しますので、ぜひこの制度を活用してください。なお、生協以外でTOEIC等の受験する場合については事前に事務室にてご相談ください。
※1:TOEIC、TOEFL、IELTS、CASECが対象となります。

協定大学について

同志社大学が協定している大学について                         

同志社大学協定大学一覧(国際課オリジナルページ)

スポーツ健康科学部が協定を締結している大学について

1)ストラスブール大学スポーツ科学部(フランス)

 ストラスブール大学はストラスブールに本部を置く1621年に設立されたフランスの公立大学です。1970年以降ルイ・パストゥール大学、マーク・ブルック大学、ロベール・シューマン大学の3つの大学に分かれていましたが、2009年1月1日に再統合されました。本学部が協定締結したスポーツ科学部(Faculté des sciences du Sport)は、元来マルク・ブルック大学に所属していた学部です。大学全体としての特徴は、ドイツ、フランス両方の歴史を持ち他の大学にはない独自性で多くの学生を魅了すると共に、またヨーロッパに多くの協定大学を持ち、そのネットワークを生かし教育の充実を図っています。
ストラスブール大学ホームページ

2)オスナブルック大学教育文化学部スポーツ運動学科(ドイツ)

 オスナブルック大学は、1629年設立のAcademia Carolina Osnabrugensisと呼ばれたカトリック系の大学を起源とし、1973年に新制大学となった州立総合大学です。
国際交流協定をヨーロッパで17カ国41大学、アフリカで4カ国5大学、アメリカで8カ国37大学、アジアで日本を含む8カ国27大学、オセアニアで2カ国5大学と結んでおり、日本では、中央大学、広島大学、一橋大学、横浜国立大学、早稲田大学、文教大学と交流協定を結んでいます。外国人向けサマーコース、ジョイント・カルチャープログラム、外国人向けドイツ語コースなどを開講するなど、留学生の語学サポートを含む国際交流に積極的な大学です。
オスナブルック大学ホームページ

3)オークランド工科大学 健康・環境科学部(ニュージーランド)

 1895年に開校されたオークランド工業技術校を起源とし、1969年オークランド工科専門学校へ校名が変更された後、2000年にオークランド工科大学となりました。オークランド市内を中心に3つのキャンパスとAUTミレニアムと呼ばれるスポーツ関連施設をもち、国際的に認知された大学です。”The university for the changing world”の理念でグローバルな取り組みにも力を注いでおり、多くの大学・研究機関と国際交流協定を締結しています。日本国内の大学では、弘前大学、神田外語大学、札幌大学、早稲田大学が言語文化の研究領域で国際交流協定を結んでいます。またInternational Centerを中心に留学生に対するサポート体制が充実しており、AUTの教育機関であるAUT International Houseにて英語教育が実施されています。
オークランド工科大学ホームページ

国際学会に係る補助について

大学院生国際学会発表奨励金(スポーツ健康科学会からの補助)

 大学院生が外国で開催される国際学会で筆頭発表者(口頭・ポスター)として出席する場合、前期課程大学院生には20万円、後期課程大学院生には30万円を国際学会発表奨励金として事前に支給します。なお、支給回数には制限があります。